ホーム>マロンの庭には>イヌの健康>暑さ対策。
イヌの健康

暑さ対策。

こんにちは(^^)マロンズ・ガーデン スタッフ1号です♪

今日から8月がスタート(*^_^*)

暑さも絶好調ですね^^;

 

マロン店長

 

マロン店長、毎日のお散歩も日差しと相談しながら決めていますよ(^^)

 

この時期心配なのが日射病と熱射病。

日射病は太陽光線の過度の照射によりおこります。

熱射病は環境温度の過上昇により発生します。

どちらにしても放熱のための呼吸増加に肺や心臓の機能が対応できずに体温が上昇を続けることによって起こると言われています。

湿度の高い場所で激しい運動をしたり、長時間吠え続けるなどの極度な興奮状態に達した時にも起こったりするそうですよ。

 

熱射病は意外にも危険意識が低くなった春や秋にも発生が多いらしいです。

どちらにしても、イヌは人間に比べて暑さに弱いという事を知っている事が大切ですね☆

 

軽度の症状は疲労感、食欲がなくなる、呼吸が浅くなるなどが見られ、やがて歩行困難となるそうです。

(日中屋外での活動中の急性の日射病では、卒倒が最初の症状となるケースが多いそう。)

次に、結膜の充血や虚脱、呼吸困難、、、とどんどん症状が重くなっていきます。

出来るだけ早く気づいてあげる事が大切!!!

いつもの様子を知っているからこそ早期発見ができると思っています(^^)

 

早期発見ができた軽症の場合は、涼しくて風通しの良い場所に移動し、しっかりとお水を飲ませてあげてくださいね。

重症の場合では体温を正常に近い温度まで下げてあげる事が一番大切です。

例としてシャワーで水をかけたり、冷水に体全体をつける。などが紹介されています。

とにかく、体を冷やして落ち着いて来たら急いで病院へ連れて行ってあげてください。

 

エアコンや便利なグッズを上手に利用したり、愛犬との日中のお出掛けを控えたり。

普段お水をあまり飲まない子ならウェットフードをトッピングしたり♪

工夫しながら夏も元気に過ごしたいものですね(*^_^*)

 

しゃべって体調を伝えてくれない愛犬たち。

日射病や熱射病に関わらず、私たちがいつもの様子を知ってる事が大切ですよね☆

そして、イヌと人間の体の違いも知っておくと防いであげれる事がグンと増えていくと思います(^^)

 

8月24日(水)「夏を元気に乗り切ろう」をテーマに【ドッグマッサージ体験レッスン】開催予定です♪

ご予約受付中ですよ~(*^^)vお気軽にお問合せくださいね(*^_^*)

 

●夏休み・お盆休みにペットシッターサービスをご検討中の方はお気軽にお問合せくださいね(*^^)

しっぽいち vol.4開催決定です♪

TEL 086-238-6225
E-mail info@marronsgarden.com

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.marronsgarden.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2033

コメントする

ページ上部へ